キンカンって意外に高い

蚊に刺されたところがずっと痒くてしんどかったから出先でわざわざキンカンを買った。1000円くらいしてビビった。


アルバイトをやめた。
高2の夏に働き始めてから『くっついて離れて』を5年くらい繰り返してきたから今すごく変な感じだ。
最近、自分を含めて身のまわりでいろんなことが起きすぎてて具合悪くなってたけど、その場凌ぎのテキトーな言葉とかノリの良さとか大事にしたって良いことないし必要ないって気付いて「わざわざ終電を逃す必要とかもないんじゃん!サイコー!!」ってなった。
良いも悪いも、好きも悪いも、手に入れるも捨てるも、やるもやらないも自分の基準で選べることはちゃんと選んでいく事にした次第。
色々お世話になりました。

明日も明後日も1週間後も予定がないことに嬉しいより怖いが勝っててチワワほど震えてる。2年前より確実に立ってる場所が狭くなってることに気づいてるこの感覚は、胸元がバカほど開いてる服を着てる女の人を前にした時、見てることに気づかれてることに気づいてるみたいなアレ。そうなったらもう凝視しまくるしかない。穴、開けんぞ。

21回目の

深夜のアルバイトの休憩中に伊集院さんのこわい話まとめ聞きながらわーわーやってたら誰も来てないのに入店音鳴ったりして、またわーわーやったりみたいなことしてる、幽霊とかよりも夏がすぐそこにいるなって感じがした。
今年でもう22歳だし、いい加減夏に期待しちゃダメだなって事に気づいているんだけど、サマージャムサマーヌード真夏の果実もどうせバカみたいに聴いちゃうだろうし、幼馴染の車の助手席で「今年もモテねぇ」って悪態をつきながらも窓開けて夜の匂いでギュってなったりしててあ〜〜〜〜ってなってる。

春先に弾き語りのCDを作った。少しはマシになると思ってた生活も気持ちも前よりだらしなくなってしまったな、その辺の野良犬のほうがきっとしっかりしてる。
このまま終わったら小学生の頃に8段の跳び箱を格好つけて飛ぼうとして勢いつけすぎて空中で一回転して背中から落ちた時より6億倍ダサいからどうにかしなくちゃいけない。尾てい骨粉々になるくらい蹴ってくれ、這ってでもどうにかする。

キャンディアップルレッド

赤いギターを昨日のアルバイト中に買うことを決めてさっき買ってきた。87000円の衝動買い。気分がすごくいい。

人にほとんど好かれることなく今まで過ごしてきた。『全員死ね』と思いながら爆音でブルーハーツを聞いてた中学生の頃、好きな人に好きだと言えなくて終わった高校生の頃、専門学校に入って東京に住み始めた頃にはズルい事を覚えて考えることをやめてバカんなっていた。クソみたいなことばっかだったけど中途半端に報われたりなんかしたくないし、ぶっ殺されるならそれはそれでいいけど、とりあえず今はそういうの全部道連れにして生きていこうぜって気持ち。

スタジオに久しぶりに入ろう。久しぶりの人に連絡を取ってテキトーにコピーでもやろう。曲もがんばって作ってライブで歌おういろんな曲を歌おう。

色々むずかしいと思うけどがんばってこ。そんな感じ。

幼い頃に遠い親戚の家に行った時の居心地の悪さ、話を聞いててもテレビを見てもつまらなすぎて好きでもない甘納豆を一生分くらい食った事を急に思い出した。帰りにお小遣いっつって夏目漱石の1000円札をもらって、小さい声でありがとうございました、ごちそうさまでした、お邪魔しましたって言った。
十何年経っても似たような感覚になってぶっ殺されそうになってばかりいるけど、お小遣いはもう貰えない。ただただ目の前にある甘納豆を噛み潰すだけのような暮らしは救いようがなくてすごく孤独だなと思う。

 

寒さが完全に冬のソレに変わってガシガシ刺さる。殺傷力が高すぎるから気をつけよう。

いくらか未来が好きになる

先月から夜勤をやっていて「あ〜寿命削ってるな〜」って毎日思ってる。朝日を見ると頭が痛くなるようになった。

 

一晩中友達と二人で大富豪と神経衰弱をした。俺らは革命が起きるより穏やかでわんぱくな日々を願っていて、いつも神経は弱ってるのにあれはあれでバカみたいに楽しかったからまたやりたい。
会いたい人と会って話をするあの感じの凄さには毎回ビビる。チョー身近にある奇跡みたいなもん。ギラッギラしてる。不純な気持ちは一旦置いといてコーヒーを飲みながら話そう。きっとうまく話せる。

 

ズルズルと3年以上も引きずってきた思い出はボロボロになって元の形がどんなんだったか思い出せなくなってきて、どうする事もできなくて毎日アホみたいな顔して抱きしめて寝たりしてていよいよこれは病気。思春期引きずってます病。21歳になったけど社会に出ることを許されないから部屋から出ないようにしようか。といった感じだったのに生きていると時折ヘンテコリンな事が起きる時があるもんで軽くパニックのままの生活をして半月くらい経った。

 

夢の続きに期待する事はたぶんとんでもなく恐ろしくてドラマチックなんだぜ。ノンフィクションガール、よく覚えておけ。

髪を伸ばす事を決めた

今になって蚊に刺されまくっている。蚊取り線香を炊いてキンカンを塗る、仕事を終えた扇風機には埃がたまってる。引っ張り出してきたパーカーは去年の匂いがする。変わり目、たぶん風邪をひく。

超えるはずだった過去がいつの間にか越えられなくなっていた。悔しいのかよくわからないけど、どっかで諦めがあるんじゃないかって思うと悔しくなってくる。毎晩毎晩繰り返す。週に5回のアルバイトに必死になっちゃだめなのよって自分に言い聞かせて布団の中の冷たい場所を探しながら夢を見よう。いつか君に会った時に似合わないねって言われるんだろうな〜なんて考えながら髪を伸ばす事を決めた。

アイツの頭の上にハンマーを振り落としたい

センスの欠片も無い人間が書いた文章は中身が無くてクソつまんねぇし、「やらかしちゃってる感」ハンパない。もうわかったよそういうの。


コンビニの壁に張り付いてた全然飛ばないクソでかい蛾に石を当てて、羽があるんだから飛べばいいのになって笑いながら言ってたアイツは高校卒業して東京に行ったけど学校やめて戻ってきて今は実家暮らしでフリーターやってる。
音楽やって見返したい奴らがいるとかばっかり言ってるけど実際何もしてないし、なんでそんなんなってんの?って言うくらい落ち込んでる時がある。からっぽの言葉なら僕はもう聞き飽きたってヒロトも歌ってるしさ。もういいよそういうの。いちいちテメェで選んだ道とか酔っ払って言ったことに後悔してるくらいならどうにかしようとしてみろよ。嘘にすんなよ、せめてそれくらいはさ。

 

あぁ、「やらかしちゃってる感」ハンパない。